コラム

保護者として知っておきたいITセキュリティリテラシー 前編「PCスマホだけではない」

インターネットの普及に伴い、子供たちがインターネットを介した犯罪に巻き込まれるケースが増えています。また、「ネットいじめ」や「ネット依存」、更に少年少女らによるネット犯罪は、日本に限らず、世界中で大きな社会問題となっています。中でも、2012年にオランダで起きた、16歳の少女がFacebookに自分の悪口を書いた友人を殺害した事件は、世界中に衝撃を与えました。

このような深刻な状況の中、保護者が子供のインターネット利用に対して必要な制限を与えることは世界的にも「常識」となっています。そこで今回は、子供たちを犯罪から守り、且つ子供たちに誤った利用をさせないために、まず保護者が今知っておくべき「ITセキュリティリテラシー」について紹介します。

●パソコンや携帯電話、スマホだけではない

子供たちがインターネットを利用する際に使用する機器は、一般的にパソコンや携帯電話、スマートフォンであり、これらを保護者が子供たちに買い与えたり、使わせたりする場合には、あらかじめ「ペアレンタルコントロール」や「フィルタリング」と呼ばれる機能やサービスなどを使って、子供たちが危険なサイトにアクセスできないように設定しておきます。これは既に保護者の「義務」と言っても過言ではありません。

スマホクレイアート

しかし、子供たちがインターネットを利用するのは、これだけではありません。実は子供たちが使っている携帯ゲーム機や携帯音楽プレーヤーなどの中には、インターネットに接続する機能を持ったものがあるのです。これは子供たちにとっては既に常識なのですが、そのような機能があることを知らない保護者が多く、そのため標準設定のまま手に入れた子供たちがインターネットを利用し放題の状態になり、結果として犯罪に巻き込まれてしまうのです。例えば、これらの機器を使っているうちに、出会い系サイトやアダルトサイトによく分からないうちに登録されてしまって多額の請求を受けてしまったという事件が実際に発生しています。

インターネット接続機能を持ったゲーム機や音楽プレーヤーのほとんどは、パソコンやスマートフォンなどと同様、ペアレンタルコントロールなどの機能を持っています。保護者はこれらの機器を子供たちに渡す前にあらかじめアクセスを制限する機能を適切に設定し、更にパスワードを設定して子供が勝手に設定を変えることが出来ないようにしておく必要があります。

Copyright (C) 1998-2014 IID, Inc. All rights reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で